春風放送局。

私、春風(はるかぜ)の赴くままに書き綴るブログです。ラジヲ見たいな感覚で読んでいただけたら幸いです。クソ短編小説、「髭と眼鏡と珈琲と。」連載中です。

部活の小話。

ほんと更新頻度遅くてごめんなさい。

 

本編

部活の小話をしようと。

f:id:HALKAZEsavedatamemory:20211011184847j:image

こんなツイートを発見したので話したくて。

 

春風は部活自体はものすっごく大好きなんですよ。けど同級生との人間関係がほんっとに嫌いで。そんな時の話です。

 

※コロナが〜って言うかなり前の話です。あらかじめご了承ください。どうでもいいですけど当時は重國でした。

 

本を読むのに貴重な昼休みを使って同学年で集まって昼ごはんを食べていたんですよ。それだけでもものすっごく腹立ちながらの会話でした。

 

同学年のリーダーさん?が「今度集まってご飯食べに行こうよ!」って言いたって。私は行くつもり無いし関係ないことやと思ってたんですよ。

 

そしたら「場所とか日付とか春風、頼んだよ!」って言われて。行く気もないのにどうしようと考えてたらつい言ってしまいました。

 

「…私が色々決めていいんやな?ならただいまもってこの会は中止と致します。」

 

って言って。さっきまで和気あいあいとしていた空気が一変、凍りつきました。

 

当時は私に任せて君たちが悪い。僕は悪くない。と言っていましたが今思えばかなり酷いこと言ったなとほんのちょっぴり思ってますw

まぁ行きたくもない人と飯食いに行ったってなんも面白くねぇもん。

 

最後に

今その人らと飯食い行きたいかと言うとそこまで行きたいとは思いませんね。

 

本日はここまで。明日がより良い1日になりますように(*`∀´*)